The Russian Chamber of Commerce in Japan

News & Events

仮想通貨法案、ロシア国家院の第一読会通過

2018年5月23日
本日「デジタル金融資産について」法案がロシア国家院の第一読会を通過した。当法案は「マイニング」「仮想通貨」「トークン」「スマートコントラクト」「ICO(Initial Coin Offering)」等の概念を導入する。「本法案にて、ロシア連邦においてデジタル金融資産は合法的な決済手段とされない、と明記されている」と国家院は報道する。

法案によると、トークンのルーブルまたは外貨への交換は「デジタル金融資産交換オペレーター(モスクワ取引所等)」のみを介して行うことができる。仮想通貨とトークンは法案において、「資産である」と記されている。

「マイニングが事業活動として認められるのは、マイニング活動を行う者が3ヶ月間継続してロシア連邦によって規定されている電流使用制限量を超過している場合のみである」とされている。

「法案において、専門性が低い出資者の保護のために、ロシア連邦銀行は資格保有出資者でない者に対して、取得するトークン総量の制限を設ける権限が付与される」と、国家院は報道した。従って、資格未保有出資者のトークン取得の制限について法案に記載は無い。

引用元:http://tpprf.ru/ru/businessNews/252355/