The Russian Chamber of Commerce in Japan

News & Events

メドヴェージェフ首相、中小企業活動推進施策について報告

メドヴェージェフ首相、中小企業活動推進施策について報告
(2012-2017ロシア政府活動報告にて)

「投資環境改善活動において特に注目すべきであるのは中小企業の活動ですが、2012-2017年期間においてロシア政府はまさに中小企業活動の改善に向けて本格的に取り組みました。ロシア共産党から中小企業活動の支援体制について関心が寄せられています。6年の間ロシア連邦政府は当分野における多くの重要な政策を策定し、連邦中小企業協会の設置・インフラソリューション・免税処置および特別融資制度などの施策を行ってきました。これらの政策がロシアの中小企業活動に良好な結果を持たらしたことは数値から明らかです。本政府活動の6年間でロシアにおける中小企業数が1.3倍に増加し、今年度で600万社となりました。中小企業活動全体の生産高も22,3%増加しました。しかしこれは私たちが希望する水準の数値ではまだありません。

ロシア中小企業の資金を調達することもより容易になりました。融資金利低下が続く原因は低インフレのみならず、信用機関制度の発展と中小企業活動を対象とする助成金による支援のためでもあります。現在規模が中程度の企業は6.5%を超えない金利で融資を受けることができます。

2017年の中小企業支援総額は234,000,000,000RUBとなっていますが、これは我が国において前例のない高い中小企業支援の水準を示しています。大企業が中小企業の生産物を買い取る大きな流れができたため、ロシア国内に安定した小企業生産物販売市場が形成されたとも言えるでしょう。

公正ロシア党の方が特に関心をお持ちになる、いわゆる零細企業の支援に関しても一言述べさせていただきます。我が国法制度における分類上、零細企業は小企業に含まれます。零細企業の活動こそが中小企業活動を支える基盤であり、実に中小企業総数の95%を占めています。小企業に対して行われる支援等の施策は全て、零細企業にも適用されています。」

引用元:http://tpprf.ru/ru/businessNews/246373/